« 2015年12月 | トップページ | 2016年2月 »

2016年1月

2016年1月28日 (木)

幸せを願って

子猫の一匹が貰われていきました。
1か月半、一緒の釜の飯を食べた仲だけに、別れ際はとても辛いものがありました。
飼い主さんが、顔見知りなのがせめてもの救い。寂しさに負ける前に、本日は、不貞寝します;つД`)

2016年1月25日 (月)

今日も半日どっぷりと

猫にまたたび・・・
またたびの粉末をペットショップで購入し、飼い猫と子猫たちに与えたところ、
飲むは食うはで、猫にとっては晩酌の様な感覚なのかも。


実は当方、猫を飼い初めて1年ちょっと経ちますが、仕事の帰りにペットショップで猫グッズを買う為にたむろしたり、猫の月刊誌を購入して猫のテレトリーを気遣うほど猫好きになってしまいました。
猫の鳴き声一つにしても、人間の様な言語やCWで使用する符号でQSOしているかの様な感覚で、何をしたいのが、要求してるのが自然と分かる様になってきました。これも一体感なのかもしれませんが、40年以上も生きてきて、モルモット、ウサギ、熱帯魚など飼ったこともありますが、猫の気持=人間の気持ではありませんが、この一年間で癒されたことは数多く、逆にこちらが飼われている様にさえ思うこともあるほどです。
ミー君、りょー君、ひーちゃん、よっちゃん、のかわいい子猫ちゃん、里親の申し出がなければ、嫁と一緒に、現飼い猫の、ちび太くん・・・今年大学を卒業して帰ってくる2ndとで楽しくワイワイもいいかなと思っているところでございます。
Dsc_0462_1_2

2016年1月24日 (日)

かわいい子猫、おあげします

猫好きの方おりましたらご連絡お待ちしております。
昨年の12月4日に生まれたばかりの、オス2匹とメス2匹です。こちらは、山形県の庄内地方住んでいます。お近くでご希望の方おられましたら jg7ijm@jarl.com までメールで連絡いただければと思います。
この時期ですので、地元で開催される猫フェスタなども時季外れのため、今回は
ブログで募集を募りたいと思います。
Dsc_0486_2

2016年1月21日 (木)

寒波の夜長は

休みの前夜はJT65で夜更かしをしています。夜間の7メガで立て続けにUSAから呼ばれるのが面白くて深夜までハマっております。冬のコンディションの為か、本土中間から西海岸まで開けている日もあり、久しぶりのDXを堪能しています。出力10WそこそことLWでやってますが、CWと違って1QSOに少々時間がかかるものの、現用のショボい設備でも結構飛んでいってくれるのがとても嬉しいhappy01
各局の追っかけを楽しみながら、JT65で6大陸や50州でも狙ってみようかな。
Dsc_0439_2

2016年1月16日 (土)

久々の連休JT65にかじりつき!!

以前から気になってたJT65のログファイルからハムログへ転送するするソフトのインストールを昨日今日の連休で費やしてしまいました。今まで、ハムログとJT65HFを同時に立ち上げて手打ちで入力してたのですが、当方の性格といいましょうか・・・だんだん入力作業が面倒になってしまい、ググってみたらとても良いソフトを発見。まあ、外は暖冬のつかの間の雪かき、それと3人分の食器洗い、洗濯、愛ネコ達の面倒と、ハードな予定をこなす合間の作業ですので、テンションもとても上がりますcoldsweats01

そんで、どうにもこうにも参ってしまったのが、JT65HFでのLOGファイル ADIF ファイル を HAMLOGに送るツール JTリンカー の設定。PCの中を検索すると、このファイルは存在している様なのだが、実際には画面上にそのファイルが出てこないのが難儀の元で、JTリンカー側の所定の場所にリンクしようとしても肝心のファイルが見当たらなくって全然ダメ。結局、ダメ元で検索したファイルの格納場所をJTリンカーの所定の場所にコピーペーストしてみたら、何とか使える様になりました。早速ハムログ側に送ってみたら、いきなり動作が固まってしまい、やっぱダメかなあと思って強制終了したら、ハムログ側にはキチンと入力されてました。やっぱり設定の仕方が悪いんかも・・・PCも先月WIN10の新型に変えたばかりなんでその影響もあるのかと。
来月の長期休暇を利用して温泉にでも入りながらのーんびりと解決してみようと思います。

子猫達、生まれて1か月半で驚異的な成長ぶりです。人間を怖がらず、たまに攻撃的なところもあるものの、異様にフレンドリーでなかなか笑わせてくれます。XYLは夜寝れない!!と嬉しい悲鳴を上げていますが当方は陰で舌を出して微笑んでます。
でも里子に出す時には、二人して涙目で泣きそうになるんだろうなぁhappy01
Dsc_0422_2
Dsc_0434_2

« 2015年12月 | トップページ | 2016年2月 »