« 変形デルタループ | トップページ | デルタループで色々やってみた »

2017年2月20日 (月)

デルタループの飛び

ARRL CW コンテストに、先週、試験的に張ってみた40mデルタループの50Wで参加してみました。
Wの聞こえている局の殆どが1~2回のリターンでコールバックがあり、前のバーチカルよりも飛んでくれた様です。耳の方も、ノイズ少なくなった分、弱い信号が聞き易くなりました。先日の国内QSO時は10mhDPの方とQSOさせていただきましたが、打ち上げ角が低くなったのかコンディションが悪いのか不明ですが、深いQSBがあって途中でフェイドアウト気味になり、国内には案外向かないのか、ちと不安。
高さをあと5mくらい稼いで10mhにすれば、建物の影響も受けずにもっと飛んでいくんでしょうけれど住宅地で風速20mの風がしょっちゅう吹いてるので、今の高さが限界かも。
心配してたATの焼損やSWRのフラ付き、インターフェアーなども一切なく、50Wでは全く問題ありませんでした。
狭い敷地でもやりようによっては案外いけるもんだなと、休み度に庭を徘徊しながら楽しんでます。


« 変形デルタループ | トップページ | デルタループで色々やってみた »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/565256/64919164

この記事へのトラックバック一覧です: デルタループの飛び:

« 変形デルタループ | トップページ | デルタループで色々やってみた »